ニュース

2018.07.18

名古屋国際中学校・高等学校との取り組みについてご紹介

ACミランサッカースクール愛知を運営する「一般財団法人 地球子ども村」は、
2018年4月より、名古屋国際中学校・高等学校のサッカー部の活動のバックアッププロジェクトをスタートさせました。
今シーズンは外部コーチとして週2回のトレーニングに当たるほか、
対外試合を含めたさまざまなサッカー部の活動に貢献していきます。

チームとしての競技力向上だけでなく、
1人1人が "Giocatore Pensante(頭を使いながらプレーできる選手)" であること

そして、ACミランの育成メソッドがもたらす
"Crescita a 360°(360度全方向に及ぶ総合的な成長)" を追求していきます。

- サッカー選手としての精度の高い「技術」・卓越した「戦術眼」
- アスリートとしての「体づくり」
- 情緒豊かな「人間性」
- 将来あらゆる場面で生きる「パーソナリティ」
- 集団スポーツだからこそ磨くことができる「社会性」
- グローバリゼーションが進む世界を生き抜くために必要な「国際感覚」

などがその一例です。


今この瞬間に得られる勝利ではなく、未来を見据えて行動を起こすことを重視して、
CALCIOを通じて得られる最大限の「学びの時間」を提供していきます。

※中日新聞に記事掲載いただきました。ありがとうございました!
The Japan Timesでも紹介されました!

 

 

2018年7月17日・中日新聞夕刊にて、 当スクールの取り組みを紹介していただきました。

AC Milan Soccer School Aichi🇯🇵さん(@acmilansoccerschoolaichi)がシェアした投稿 -