ACミランサッカースクールの哲学

プレーヤーとして、
人間として成長するために
必要なスキルを学ぼう!

ACミランサッカースクール愛知は、サッカープレイヤーになる夢を抱く子どもたちを待っています。
ACミランサッカースクールは、子どもたちのプレイヤーとしての技術的・戦術的スキルを伸ばすことを目的としています。
その結果、ピッチ上でのそれぞれの役割をより深く理解させることができます。もちろん、生活面でも自立した規律持つ選手を育成することも目的としています。

ACミランサッカースクールは、選手のフィジカルおよびテクニックを向上させるためのメンタルコントロールだけでなく、各選手の進歩によって内容を調整するなど、一人ひとりのためになるカリキュラムを用意しています。

ACミランサッカースクールは、すべての子どもたちが大いに夢を抱き、サッカープレーヤーとしての心技体を向上させるべく、日々の練習に取り組んでいきます。

当スクールは以下4つのカギとなるスキルの育成を目的としています。

4つのスキル育成

運動能力
キック、ドリブル、パス、ヘディング、タックルのような基本的な要素に注目し、各選手の技術的および戦術的能力を向上させます。スピードや強さ、耐久力や柔軟性などが重視されます。
認知能力
直感や記憶力、集中力、決断力などプレイヤーとしての資質を開発することが目的です。自己表現と創造性、想像力を養うための戦術は、トレーニングのこの側面を支えるものです。
人間性
ピッチ上で熱くなったときにも平静さを保つなど、感情のままにプレーするのではなく、セルフコントロールができるようになるために必要なトレーニングを行います。
社会性
社会性を得ることで、選手はグループとしてチームとしての動き方を学べるようになります。チームとしての決めごと、どのような決断をするかも明確になります。選手間で作る協力姿勢こそ、このセッションの中核となりうるのです。

10ヶ月で構成されたプログラムは、10年以上にわたりACミランの教育部門で発展してきたものを反映しています。多くのスクール生に世界の舞台を知ってもらうべく、ACミラン育成部門が中心となり、年に1回世界中のサッカースクールを集めて「Milan Friendship Cup」を開催しています。また、各スクールの優秀プレーヤーを対象にしたクリニックを行っています。

ACミランではさらに、同世代の選手と力比べをすべく、ミラノのユースチームの本部で、選ばれた有望な選手を対象としたミニクリニックが開催されます。また、国際大会に参加するために、スクールから才能ある選手を招待することもあります。ACミランスクールは、今後の選手のために、このような海外での経験を非常に重視すると同時に、選手としてだけでなく何よりも1人の人間として成長することを重視しています。大きな壁に直面したとしてもそれを打破するような、将来有望な選手を輩出すべく理想的な環境を準備しています。