ACミランについて

世界で最も成功を収めたクラブ

1899年に誕生したACミランは、数多くのタイトルを獲得してきた世界トップクラスのクラブです。ここ20年間で、ACミランはイタリア・セリエA制覇を7回、ヨーロッパチャンピオンズリーグ優勝を5回経験し、さらにはクラブ世界一のタイトルを3回獲得するなど、世界で最も恐れられ、最も成功したクラブとして名を馳せてきました。

2007年にはFIFAクラブW杯優勝を達成した

これまでに「スクデット(セリエA制覇)」を意味する10個以上の星印、ヨーロッパ制覇を意味するUEFAバッジの数も5個以上獲得。ACミランはサッカークラブの象徴としてだけでなく、誰しも名前を聞いたことのあるクラブとして存在し続けています。
本拠地・サンシーロは、収容人数82,955人を誇る国内最大のスタジアムです。シーズン中は、これまで数々の名勝負を生んだ舞台に多くのミラニスタが足を運びます。イタリアサッカーの象徴ともいえるスタジアムです。
ACミランはこれからも世界中の幅広いファンを獲得し、大きな成功を収めていくクラブとして、多くのファンに愛されて歩みを進めていきます。

ACミラン栄光の歴史

世界的名プレーヤーを多数輩出し
世界を席巻した「グランデ・ミラン」

1899年のクラブ創立以降、セリエAで18回優勝しているACミランは、1980年代後半からその黄金期が始まる。アリーゴ・サッキのプレッシングサッカーのもと、イタリア代表でもキャプテンを務めたフランコ・バレージ、そしてルート・フリット、ファンバステン、ライカールトのオランダトリオを中心にUEFAチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前身)2連覇の偉業を達成する。

獲得してきたトロフィーの数々

1899年からのACミランが獲得してきた タイトルは国内外合わせて30以上。

90年代に入っても、名将ファビオ・カペッロ率いる中、マルディーニ、アルベルティーニ、コスタクルタを中心としたチームで、無敗優勝を含むセリエA3連覇(91-92~93-94)やUEFAチャンピオンズリーグ(以下、CL)3季連続決勝進出(92-93~94-95、93-94シーズンは優勝)などの成績を残し、「グランデ・ミラン」(偉大なミラン)や「リ・インヴィンチービリ」(無敵のミラン)と呼ばれた。
元・日本代表監督のアルベルト・ザッケローニも指揮を執り99-00シーズンにセリエA優勝を達成したほか、カルロ・アンチェロッティ監督のもとでは、ピルロやカカ、フィリポ・インザーギらで形成する強力な攻撃陣で06-07シーズンのCL、翌年日本で行われたFIFAクラブワールドカップを制覇。
マッシミリアーノ・アッレグリ監督体制となった2010-2011シーズンに、通算18回目となるセリエA制覇を達成。
現在も世界に名をはせるプレーヤーたちが多く所属しており、ヨーロッパサッカー界のトップクラブとして君臨し続けている。



獲得タイトル

リーグタイトル

タイトル

コッパ・イタリア

チャンピオンズリーグ

カップウィナーズカップ

UEFAスーパーカップ

インターコンチネンタル杯

スパル・コッパ

FIFAクラブワールドカップ